お盆休みの帰省費用が・・・スゴイ金額ですな・・・。

毎年のお盆時期の帰省ラッシュ。

交通機関の混雑状況や渋滞状況もスゴイですが、一番スゴイのが何と言っても帰省に掛かるお金です。

本当にビックリですわ。

スポンサーリンク

ボーナスも吹き飛ぶ交通費

私の知り合いの夫婦に、転勤でこちらに来たという方がいらっしゃいます。

その夫婦はお互いの実家がかなり離れており、毎年お盆にそれぞれの実家に帰省するらしいんですが・・・年末年始は帰らないそうです・・・夫婦2人と子供1人で交通費だけで30万円程度掛かるそうです・・・。

しかも帰省のお土産や帰省地での飲食等の消費で更に10万円程度は掛かるそうです。

お盆の1週間弱で・・・40万円の出費ですよ・・・。

我が家の1ヶ月の生活費ですよ!・・・そりゃ、ビックリしますわ。

お盆の帰省費用

さらに上がいる・・・

もっとスゴイのは、結婚相手が外国人の場合です。

実はそんな夫婦が身近にいるんですが、話を聞くと仕事は日本でしていて、夏期は外国の実家に帰るそうです。いわゆるサマーバケーション的な感じで・・・。

1ヶ月は海外で過ごすらしいんですが、その費用が・・・夫婦2人と子供3人、子供2人はまだ幼児なので運賃は無料か少額みたいなんですが、それでも航空運賃だけで60万円ですよ。

現地の滞在費用を加えると、70~80万円だそうです・・・。

うちの家計じゃ・・・絶対無理だわ・・・。

トラコミュ

計画的にお金を準備

上の両家庭とも、1年前から計画的に帰省資金を準備しているらしいです。

そりゃそうでしょうね。金額ハンパないもん。

毎月の収入とボーナスを積み立てて、休みも出来るだけ早く申請してチケットも出来るだけ安いものを予約するみたいです・・・。

大変な努力と作業です。

我が家の場合は・・・

我が家の場合は、家から私の実家まで車で10分、妻の実家まで車で20分位です。

上の知り合いには申し訳ないですが、ガソリン2~3リットルで帰省できます。

結婚をするときに、わざわざ帰省時の費用とかを考える人はいません。この帰省に関しては良し悪しは言えませんが、同じ帰省でもこれだけ差があるという事です・・・。

「帰る」と「来てもらう」

何かの記事で読んだんですが、帰省する方はその交通費などの金銭的な負担と義父・義母との関係を気にし、帰省される方も布団の準備や食事の用意、孫の面倒などで疲れ果てる・・・という実態もあるようです。

であれば、自分たちが帰省するという選択肢に加えて、両親に旅行がてらこちらに来てもらうという選択肢も場合によってはありなのでは?と言う話です。

両親には家に泊まってもらわなくてもホテルや旅館を利用して寛いでもらうというのもあり。

・・・確かに毎年同じように負担が掛かるのであれば、それもありかなと思います。

正直、我が家にはその実体験はありませんが、ただ兄弟が帰省して騒ぎまくって帰っていった後の両親の疲れ具合は・・・この話に通じるものがあります。

何が良いのかは分かりませんが、お互い負担にならない方法があれば一番良いんでしょうが・・・それが何かは・・・分かりません・・・。

ただ・・・満員も渋滞も我が家は大嫌いです・・・田舎者ですから・・・。