子育て世帯臨時特例給付金…どうも解せない…

今年も昨年に続き、子育て世帯臨時特例給付金が

支給されることになりました。

昨年は児童一人当たり1万円でしたが今年は3,000円に減額。

我が家にも対象の子供が二人いますが…

これって…無理矢理給付しているとしか思えない…。

と言うのが私個人の感想です。

201504kyufu01

スポンサーリンク

昨年の実態から今年を推測すると…

昨年は

総額: 1,473億円

(内訳)給付費:1,271億円 事務費:202億円

となっていました。

単純に計算して、対象児童数はそんなに極端に

変わっていないと思われますので、そう仮定すると

事務費も昨年程度の202億円程度掛かると推測されます。

昨年の支給額1,271億円を10とすると今年は3なので、

単純に割ると今年の支給額は約382億円。

事務費と合わせて約584億円の計算になります。

厚生労働省のホームページに掲載されていた

今年度の予算は587億円でした…。

上記の仮定の計算とほぼ同じ金額です…。

だとすると…

一人3,000円支給するのに

一人約1,620円の事務費(経費)がかかるという

計算になります…。

予算の35%が経費って…

そこまでして支給する必要性はあるんでしょうか?

もっと有効な使い道はないものか…

子育てを支援していただく数少ない制度なので、

ありがたいと言えばありがたいですが、

こんなに経費が掛かるのであれば、

もっと経費を掛けずに「実益」の大きな使い方を

してほしいと思います。

例えば、保育士の給与アップとか。

別に私は保育士ではありませんし、

身内に保育士もいませんが、

昨年も予想以上に保育士の給与アップ率が

低かったことですし、保育園に子供を預けている

親としては、やはり一番大変な「現場」へ

直接支援してほしいと思います。

既に保育士の給与システム等は構築されていますので、

保育士に還元するのに子育て世帯臨時特例給付金ほどの

経費が掛かる事はまずなしでしょうから、

ベースアップでも賞与増額でも何でも良いので

支給するという方が、無駄な経費も掛からず、

実益が大きいように思います。

いやらしい話ですが、給与がアップすれば、

仕事に対するモチベーションも少しは上がるかと。

そうなれば結果的に保育士にも園児にも良いような気がします…。

お金が全てではないでしょうが、

実際、私達も給与アップがモチベーションとなり

日々の労働に励んでいる部分はあると思います。

トラコミュ

あくまで私個人の考えです

国や国民のみなさんがどう思っているか、

どう考えているかは分かりませんが、

上記はあくまで私個人が勝手に思っていることで、

半分は愚痴なので聞き流してください。

まだまだ思うところはありますが、

ただの「愚痴」になってしまうのでこの位で…。

コメント

  1. harue より:

    こんにちは。
    同世代、同時期マイホーム入居ということで、
    いろいろ参考にさせてもらってます。

    子育て世帯臨時特例給付金、なんだかガッカリですよね。
    まったく同感です。

    他にあるだろ。って思います。

    我が子も保育園に通ってますが、ほんと保育士さんには
    ありがたくって頭が上がりません。

    子供が好きで保育士の免許を持ってる友達がいますが、
    働くには給料が良くなくて〜。と違う仕事をされてます。

    そうゆう方、実際多いと思うんですよね。

    こんなちんまいお金を配って、経費にお金吸い取られるなら
    保育士さんに還元して欲しいです。

    こちら最近ブログを立ち上げて、そのへんのグチなども
    同じくこぼしたりしてるので笑。
    良かったら遊びに来て下さいね!

    更新楽しみにしています!

    • harue 様

      書き込みありがとうございます。

      私のへっぽこな愚痴に反応してくだり
      ありがとうございます!!
      同じような事を考えてる方がいらっしゃるというだけで
      いろいろと心強いです。
      ブログにもおじゃまさせていただきます!