資産のどれ位を投資すべきか・・・資産運用に最適な投資比率とは

6月末時点で大幅に崩れた資産構成を再構築中の我が家ですが、基本的に「6月以前の状態に戻す」というのが最大の目標と言うわけではありません。春以降の収入減と支出増の影響を考えながら現時点で最適と思われる状態にしていきたいと考えていますが、その最適な資産内訳とはどんな感じになるんでしょうか?

みんなの家計簿チェック! » 家計管理・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

資産運用の最適な投資比率は?

資産運用をする時に、どの程度の資産を投資するのかというのはみなさん考える事です。では実際にどの程度の資産を投資するのが良いのでしょうか?

「絶対にこれ!」というものはありませんが、自分達の目的や考え方に基づいていろいろ考えてみました。

一般的な投資割合

一般的には下記のような投資割合を言われる事が多いです。

  • 投資:預貯金=7:3
  • 投資:預貯金=5:5
  • 投資:預貯金=3:7

基本は「どこまでリスクを許容できるか」だと思います。リスクについてもかなりローリスクなものからハイリスクのものまで様々ありますので、一概に「こうだ!」とは言えませんが。個人的には「投資:預貯金=3:7」はありません。最低でも「投資:預貯金=5:5」を目指したいと考えています。

年齢から考えた場合

よく「年齢」という切り口で資産運用における投資と貯蓄の割合を考える方法が挙げられています。一般的には

  • 100-自分の年齢=投資比率(%)

と言われています。30代であれば70%、40代であれば60%の資産を投資すると言う感じになります。

個人的にはこれはこれで「あり」だと思います。平均寿命も延びてきていますので、ある程度積極的に投資するスタンスは必要だと思います。

目標金額から逆算する場合

当然ですが、「目標金額」なるものを「どう設定するか」によっても変わりますし、投資期間がどれ位かによっても変わってきます・・・。ちょっと難しい気がします。

既にある程度の資産を築いていて、目標金額に対する利回りなどを適正に計算できるだけの経験や能力がある場合は、この方法はかなり有益だと思います。

まあ我が家程度のヘッポコ家庭では到底無理な話です。

資産の投資割合

その他諸々・・・

その他に、貯蓄額から見た投資比率とか、リスク度合い別の投資比率とか、探せばいろいろあります。どの投資割合が「我が家に合うのか」は、各家庭が投資についてどう考え、将来的な目標額や運用益をどう捉えるかによって変わってきます。まあ、当然ですよね。
ただ1つ言えるのは、これからは投資なくして資産を増やすことは困難であるという事です。その投資のために必要な勉強をし、経験を積むことはとても大切だと私は考えています。

我が家にとっての理想の投資割合は・・・

2017年6月までは投資:預貯金=4:6位でした。時々5:5になっていました。今後必要なお金=目標金額や運用による期待利回り、投資期間などを考慮すると、

  • 投資:預貯金=5:5~6:4

これが今の我が家にとって最適な投資割合かなと思っています。あとはその投資割合の中身。ローリスクからハイリスクまでどういう性質の商品をどう組み合わせて期待利回りを実現していくか・・・これが一番難しいですね・・・。自分が納得して「これで良し!」と思える投資方針を確立しなければなりませんね。