最後まで支出が多かった・・・苦しい家計・・・2017年12月の家計簿公開

新年早々、2017年最後の12月の家計簿を〆ました。

2017年は本当、最初から最後まで支出が多かったな・・・という印象です。特に7月と12月はやはり支出が多いですね・・・。

スポンサーリンク

2017年12月の家計簿公開

早速公開します。コチラです・・・。

2017年12月家計簿

まあ40万円は超えますよね。固定資産税とNHK受信料、そして2年ぶりに復活したボーナスお小遣い・・・。この3つで10万円超えです。あとはお年玉ですかね・・・。

我が家ではお年玉は1月ではなく12月の年末年始の予算に組み込んでいますので、家計簿的には12月の支出として計上しています。

全体の消費傾向は健全

12月は固定資産税と年末年始の予定支出予算(特別予算)を設けていますし、電気代が12月から高くなるという事、支出が月の予算の40万円超えるという事は事前に分かっていました。

ただ、2年ぶりに復活した「ボーナスお小遣い」

冬のボーナス・・・ちょっと悩んでいます・・・久々に復活させようかな・・・
ボーナスシーズン真っ盛りって感じです。我が家もとてもありがたい事にボーナスをいただいています。 このボーナスも将来的には大きく減額されたり、ボーナスが無く...

この分だけ支出も想定外に増えました。しかし、収入減と支出増で節約・節制の生活では楽しくありません。全てがマイナス思考だと上手くいく事も上手くいきません。

そうならないように、自分たちのモチベーションを維持し、少しはプラスになる部分を増やそうという目的でボーナスお小遣いを復活させました・・・とは言っても妻の分だけですけどね。

それ以外の日々の支出については特に問題ないように思います。健全な範囲内の支出です。

トラコミュ

やはり40万円が我が家の壁

もう何年も月の予算を40万円固定で家計を管理しています。

本当は収入減に合わせて予算も削るべきなんでしょうが、税金と子育て費用が増え続けており、その他の支出の削減だけではとても追いつかない状態です・・・詳しくはまた記事にしますが、結構ビックリ&凹みます・・・。

支出を減らしたいけど減らせない・・・この1ヶ月40万円が現在の我が家のギリギリラインと言う感じです。

何かしらの突破口を見つけないといけないとは思っていますが・・・それがなかなか難しい感じです。

いろいろ挑戦するしかない!

どうしよう・・・と考えていても状況は変わりません。変えたければ行動あるのみです。様々な事にチャレンジし、家計改善の突破口を見つけるのが2018年の我が家の家計管理に求められることかもしれません。

2017年の家計の収支をまとめつつ、2018年の戦略もしっかり練っていきたいと思います。