小学校受験で大失敗!!・・・基本的な部分でダメ親でした・・・

先日、上の子の小学校受験がありました。

受験と言っても地方の小学校なので大した事をするわけではないんですが・・・。

その受験に失敗というか・・・大失態を演じてしまいました・・・。

みんなの家計簿チェック! » 家計管理・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

受験の目的

我が家の小学校受験の目的は、学校の先生の質や勉強、中学~高校への進学などを考えたものではありません。

親の仕事の関係や祖父母の介護の問題などで、今の学校区以外の小学校に行かせたいという目的です。

ですので、受験する学校に入学する事がベストと言う訳ではなく、選択肢の1つと言う程度だったんですが・・・それでも?それだから?大失敗をしました・・・。

受験までの流れ

簡単に受験までの流れを話しますと、目的は上記の通りで学校区の変更です。

受験する小学校の学校開放日や一般開放参観日などの学校の様子を見れるイベントや行事には一切参加していません。

入学選考の説明会には参加し、当日中に受験料も支払って受験できる体制だけは整えました。

受験内容は子供たちと先生が会話や工作、運動などをしてその中で選考されるという感じで、親と子供の面接や親の職業、学歴などは一切不要と言う感じでした。

そんな感じですので、子供に事前に受験の準備させたりなどは一切していません。

申込はできているので、当日子供に「思いっきり遊んできなさい」という感じでした。

しかし・・・事件は起きました・・・。

小学校受験

受験数日前

受験の3日前に、インフルエンザ感染者が1名出たというお手紙を幼稚園からもらって帰ってきました。

まあ、まだ1名だから大丈夫だろうという感じで、翌日からマスクをして幼稚園に行かせたんですが・・・。

受験前日の朝から子供が少しだるいみたいなことを言います。熱を計ると37℃ちょっと。

まさかのインフルエンザか?と疑いましたが、まだ熱は低いです・・・と思っていたらあっという間に38℃越え・・・。

病院に連れていきました。検査した結果、インフルエンザA型でした・・・。

受験前日に・・・

なんということでしょう・・・。幼稚園で2人目のインフルエンザ感染者に我が子がなってしまいました・・・。しかも小学校受験前日に・・・。

早い段階で受験すると決めいましたが、インフルエンザの予防接種も受けていませんでした。これはもう完全に子供の健康管理をしていなかった私たち親の責任です。

小学校に電話して事情を話しましたが、選考に集団でやる項目もあり、別日に改めてというのは難しいとい言われました・・・。まあ、そりゃそうですよね。

受験当日

受験前日は結局40℃近くまで熱も上がり、子供もかなり辛そうでした。

受験当時の朝には熱は38℃台まで下がり、少し落ち着いてきました。受験は午後からなので、もし熱が下がれば・・・なんて甘い期待も抱きました。

しかし、健康状態に不安がある上に、受験される他のお子さんにインフルエンザをうつしてまでその小学校に行きたいのかと言われれば・・・そこまでではありません。

まあ、私の母校でもありますので、子供が私と同じ小学校に行くという楽しみと言うか何かそんな思いも少しありますが、今の状態で受験しても子供も辛いし楽しくないだろうし・・・。

そもそも学校区を変えたいという手段の1つでしたので、ここで無理してまで受験する必要もない。

この小学校受験が子供の人生の全てではないし、受験当日に幼稚園で2人目のインフルエンザに感染して高熱を出すという時点で、この小学校には縁が無かったものだと割り切りました。

結局、小学校に電話して事情を話し、辞退しました。

その受験日の夜には子供の熱は下がり、元気になりました・・・。

よっぽど縁がなかったのかな・・・。

受験の教訓

受験の教訓と言うと大袈裟ですが、受験内容や受験準備に気を取られ、子供の健康管理ができていなかったという残念な親です。

やはりターゲットデーが決まっているイベントについては、そういう当たり前のことをちゃんとやっておかないと残念な結果になるという良い経験ができました。

昨年は音楽教室の発表会にインフルエンザ、幼稚園の発表会に熱・・・我が子はイベントの度に病気になります・・・体力がないとか免疫力が低いとかいろいろ原因はあるかもしれませんが、それも含めて親の管理能力不足が一番の原因です。

これから中学、高校、大学受験を控えているお子さんをお持ちの方も多いと思いますが、我が家のように残念な結果にならないようにお子さんの健康管理には十分気を付けてあげてください。

まあ、私に言われるまでもないでしょうが、それでも親が代わりに勉強したり受験できませんので、当たり前で分かりきっている事ですが、環境や健康管理を親がしっかりとしてあげる、その基本的な部分をもう一度確認して、親子共にベストな状態で受験されることを願っています・・・。

結局、学校区の変更はどうしたのかについてはまた改めて記事にします。