【積立投資】含み益は増加2021年は?・・・2020年12月

2020年12月の家計の〆をしています。

今回は2020年12月の積立投資の状況を公開します。

我が家では毎月コツコツと積立投資をしています。

2020年はコロナで春に大きく相場が崩れましたが・・・

スポンサーリンク

2020年12月の積立投資の状況公開!

では早速公開します。コチラ・・・

2020年12月の積立投資状況

ふぁさぞう
ふぁさぞう

含み益がまたガッツリ増えています。

我が家の積立投資は米国株式、先進国株式をメインとしたインデックス投資となっています。

2021年は元に戻す?

我が家では昨春の相場の暴落時から積立額を増額しています。

【驚愕】米国株暴落!!・・・どうしようこれ・・・
米国株が暴落しています・・・今までの含み益とか・・・そんなん全部吹っ飛んでいっています・・・。 まだまだ下げ続けそうな気配しか感じないんですが・・・。 ...

一応、増額期間の目安として、ダウやS&P500がコロナ前の水準に戻ってきたら増額分を減らして元に戻すという感じにしています。

そうなると・・・

ふぁさぞう
ふぁさぞう

そろそろ元に戻してもいいじゃない?

って事になります。

という訳で、2020年は増額のまま、2021年1月から元の積立額に戻そうかなと思っています。

一応、積立額の設定も年末に減額しましたので、これで元通りかな・・・と思います。

また暴落したら?

ふぁさぞう
ふぁさぞう

もし、再度暴落したらどうする?

って事も一応考えています。

我が家で積立投資の資金が必要になるのはまだ10年程度先の話しです。

ですので、暴落したら同じように積立額を増額します。

現在は、現金・預貯金の保有率も大きいので、暴落の程度にもよりますが、大きければ大きいほど増額も大きくしていこうかなと思っています。

とは言っても毎月何万円も増額できるほどの資金力はありませんが・・・。

積立投資と先取貯蓄はいっしょ

積立投資も先取貯蓄といっしょで、ただひたすら黙々と決めたルールに則って継続するのみです。

余計な事はあまりしないで、ルールに沿ってただコツコツと積み立てる。

これに尽きると思います。

不安があったり、自信がなければ無理のない程度にリスクを抑えて続ければよいと思います。

難しく考えずにシンプルにほったらかしが一番いいかなと思っています。