痛恨の一撃・・・ここに来て痛すぎる大型支出。ダメージ大きすぎる・・・

いや~・・・本当、何も考えていませんでした。

3月は学資保険の年払いや冠婚葬祭費用、車の任意保険など大型支出が立て込んでおり、その費用の捻出だけを意識していたんですが・・・完全に盲点をつかれました・・・。

ここまで支出が膨らむと・・・もう・・・泣くしかない感じです・・・。

みんなの家計簿チェック! » 家計管理・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

完全に盲点でした・・・

3月は大型支出が立て込んでいる上に、今年は上の子の幼稚園の卒園もありました。

幼稚園最後ですので、友達とバーベキューしたりお食事会したりいといろんな支出も重なります。

それらはまあ想定内で、しっかりと準備は出来ていたんですが、完全に盲点の支出がありました・・・。

春に向けての準備で気付く

3月中旬を過ぎて、もう寒さも和らいで本格的な春の到来を感じています。

そうなると・・・車のタイヤ交換です。

冬タイヤから夏タイヤへの履き替えです。先日、妻がタイヤ交換に行ったんですが・・・そこで発覚したのが、夏タイヤの摩耗と破損です。

もう8年位?今のタイヤを履いています。そりゃ摩耗も著しいし、破損などもありますよ。通勤で使っている車なので、もうさすがに限界です。

という訳で、新しいタイヤを購入することにしました・・・。こればかりはしょうがないです。と言うより8年位よく履いていたなって感じです。

4万円弱の支出・・・痛い・・・。

と、ここで話は終わりませんでした・・・。

タイヤ買い替え

更なる追い打ちを食らう・・・

その翌週、もう1台の車のタイヤも履き替えに行きました。そこでも同じく発覚したタイヤの劣化・・・。

まあ、タイヤを売って儲けたいお店の戦略もありますが、子供の通園や休日のお出かけをするのはこっちの車。子供と一緒に乗っている時に万が一・・・を考えると・・・。

これもまんまと販売戦略にのせられている感じはありますが、実際にかなり亀裂だらけのタイヤ。

タイヤの外周の劣化は少ないですが、路面との接地面の摩耗が激しく、亀裂などもあり得ないくらい全体に広がっています。

こちらは買って5年程度。まあ近距離・長距離を問わず頻繁に運転していますので、摩耗や劣化が激しくても仕方ない部分もあります。

費用対効果を考える・・・

車自体も7年目。あと3年で10年です。その頃には車の買い替えを考える時期・・・。今新しいタイヤに履き替えても3年は履けます。

今年買い替えずに今のタイヤを無理やり履いても安全面を考えれば来年には買い替え必至のような気がする・・・。来年タイヤを買い替えた場合、車の10年目での買い替えを考えると新しいタイヤは2年しか使えない・・・。

であれば、今年タイヤを買い替えて安全を確保しつつ、3年後の車の買い替えを考えた方が費用対効果が良い・・・と考えました。

という訳で、こちらの車もタイヤの買い替えです・・・約3万円の支出・・・。

3月下旬にいきなり7万円の支出

車2台分のタイヤの買い替えで7万円の支出・・・痛い・・・イタスギル・・・。

さすがにこの支出はダメージが大きいです・・・。資金の捻出先がありません。

貯蓄を取り崩すのが一番確実ですが、一度でも貯蓄を取り崩すという前例を作ると、以後は何かしら理由をつけて取り崩しが加速する可能性があります。

ですので、何とかして貯蓄を取り崩さずに資金を捻出したい・・・。

現在その資金の捻出先を懸命に探していますが・・・今だ見つからず・・・どうしよう・・・。