口座間の資金移動をネットでサクッと済ませるお金の流れ

5月もあっという間に過ぎて、もうすぐ6月です。

6月になると梅雨が気になります・・・雨が降ると外に出たくないんですよね・・・。

とは言っても・・・6月は銀行や証券の口座へのお金の移動が多いです・・・いちいち金融機関窓口やATMに行くのは面倒です。

でも大丈夫!我が家にはお金の移動を簡単にできる秘密兵器があります。

お金の移動が多い時期に備えて・・・

我が家の場合は6月は7月の大型支出に向けたお金の準備をしないとけません。

同時にIPOもラッシュを迎えますので、それに参戦する為の資金の移動も必要ですし、場合によっては株式の売買に係る資金の移動も必要となります。

そう考えると銀行口座と証券口座間のお金の移動がかなり多くなります。

その度に金融機関窓口やATMに行くというのは非効率的です。この時期の資金移動を楽に行うために、我が家には秘密兵器?があります。

お金の流れを図式化する

我が家の秘密兵器・・・それは・・・「入出金相関図」です。

ちなみに5月末~6月下旬までの資金移動をこの図で表すとこうなります。コチラ・・・

入出金相関図

身バレブログですので、詳細な口座名等はマスクします。ゴメンナサイ・・・。

上図の「出金」は普通に振込とかクイック入金的なやつです。

「入出金」は、他口座からお金を「入金(補充)」してそれを他口座へ「出金」するという感じです。

上図の赤点線が移動回数ですが、現時点で全部で7回の移動になります。ちなみに全て手数料無料(手数料無し、振込無料回数、キャッシュバックなどを利用しながら)となります。

5月末までに上記7回全ての移動をすれば、6月はまた振込無料回数、キャッシュバックが復活しますので、6月は6月でまた無料で移動できます。

全てネットから操作できますので、金融機関窓口やATMへ出向く必要もありません。

参考までにこの「入出金相関図」の詳しい記事はコチラです。

我が家では金融資産をスムーズに管理するために「貯蓄管理簿」を...

ネット銀行や振込無料を上手く利用する

上の「入出金相関図」は、我が家の資産を手数料無しで好きな時に好きな口座に移せるように考えたものです。

ネット銀行や各金融機関の振込無料、振込無料回数、手数料キャッシュバックなどを上手く組み合わせて活用すれば、手数料を掛けずにお金を移動できます。

振替額や振替回数を考えて、貯蓄口座のメイン口座といくつかのサブ口座は、1日の振込限度額も増やしています。

とは言っても100%全てネット上から操作できるわけではありません。

ほとんど利用しない、使用しない口座については資金移動対象外として管理していませんし、窓口のみのものは窓口に行くしかありませんので、利用するときに都度確認する感じになります。

それでも全体の90%以上はネットで完結しますので、とても便利な世の中になったもんだと本当に思います。

あとは日本のキャッシュレスが進めば、月末の資金移動の際の現金部分も不要になりますので、本当、銀行やATMに行く機会が無くなるんだろうなと思います。