【総決算】2019年の家計の収支総決算!

2019年・・・令和元年の家計の収支のまとめです。

2019年は支出激増だった2018年の反省も踏まえ、堅実な生活を送るよう心掛けました。

更に10月の消費増税でより警戒心が強まり、例年以上に引き締めた生活になったように思います。

そんな2019年でしたが、最終的な収支はどうなったんでしょうか・・・。

スポンサーリンク

2019年の年間収支

まずは2019年の年間収支ですが・・・コチラ・・・

2019年収支一覧

身バレ済みブログですので、詳細な金額はマスクします。ご了承ください。

字が小さいですが、年間支出額がかなり減っています!

2018年比で約6.5万円/月も支出が減っています!!

ふぁさぞう
ふぁさぞう

これは・・・かなりスゴイ感じです!

2019年は子供に関する支出も少なく、食費も外食をかなり減らしましたので、それだけでも支出が大きく減っています。

・・・2018年は上の子の小学校進学でかなりの額を使いましたからね・・・。

直近5年の月平均支出額

我が家の毎月の生活費の予算は40万円です。

この40万円以内に支出が抑えられていたら、家計としては「合格」としています。

参考までに直近5年の月平均支出額と2019年を比べてみると・・・

月平均支出額
※月の生活費予算・・・\400,000.
2014年 ¥413,180.
2015年 ¥394,884.
2016年 ¥394,677.
2017年 ¥384,640.
2018年 ¥434,985.

2019年 ¥370,286.

・・・2019年は圧倒的に支出が少ないです!

ふぁさぞう
ふぁさぞう

マジで嬉しいって感じです!

今まで約38万円/月の支出だった2017年の収支を目標にしてきましたが、2019年はそれを上回る収支となりました。

支出の内訳

では次に支出の内訳を見ていきます。コチラ・・・

2019年 年間支出内訳

毎年同じ感じですが・・・・・・貯蓄が圧倒的です。

しかし、2019年はちょっと事情が変わってきました。

例年であれば貯蓄に続いて支出が多いのが

  • 住居光熱通信
  • 子供支出
  • 食費
  • その他の支出

と続くんですが、2019年は

  • 住居光熱通信
  • その他の支出
  • 食費
  • 子供支出

と「住居光熱通信」以降の支出順位が変わりました。

「その他の支出」はほぼ夫婦のお小遣いだけですので、毎年同じような金額です。

つまり・・・「食費」と「子供支出」が大きく減少したという事です。

2019年の勝因

2019年の収支が優秀だった要因は・・・

  • 外食をかなり減らした
  • 無駄な支出を意識的に減らした
  • 日用品の買い置きを止めた
  • 増税警戒による支出抑制
  • 学校(小2)の学費減少

などが挙げられます。

外食は意識して「行かない」ようにしましたし、買い物の際もいちいち

ふぁさぞう
ふぁさぞう

本当に必要?買わないといけない?

という自問自答をしながらしていました。

完全に「意識」の問題で、無駄なものを出来る限り買わないようにしました。

同時に、洗剤やトイレットペーパー、シャンプーなどの日用品の買い置きを止めました。

基本的に

「必要なものを必要な分だけ買う」

というスタンスを貫いた結果です。

結果、食費を中心に日用品の支出も減少しました。

この消費行動と言いますか、消費意識は今後も継続していきたいと思っています。

子供の幼稚園卒園による保育料減少は大きい!

そして小学校の学費です。

「子供支出」には小学校の学費、幼稚園の保育料などを計上しています。

2018年春まで2人分の幼稚園の保育料・・・1人月3万円程度・・・が掛かっていましたが、1人分・・・3万円減りました。

しかし、2018年は上の子の小学校進学でかなりのお金を使いましたので、逆に支出が大幅に増えましたが、2019年はその進学準備の支出がなくなりました。

年間の小学校の学費が10万円弱ですので、今までの幼稚園の保育料3ヶ月分で賄えるという・・・これはかなり大きいです。

結果的に子供支出が減りました。

今春から下の子も小学校に進学します。2020年前半は入学に関わる支出が増えますが、後半以降は子供支出もかなり減るかな・・・と思っています。

計算上、上の子と同じで月3万円→月1万円弱と言う感じになると思います。

他にも勝因がある!

上記以外にも勝因があり、

  • カード類を整理してポイントを集約
家計管理の財布のミニマル化・・・カードの断捨離でポイントの集約を!
新年度を迎えるにあたり、我が家では家計管理の財布内のカードを断捨離しました! よりシンプルで分かりやすい家計管理や煩雑になりがちな財布の中身を整理...
  • 資産管理の口座を減らして資産管理を簡素化
資産管理財布の整理!キャッシュカードを減らしてスッキリ!!
現在家計管理の再確認と再編成を進めている我が家ですが、今回は我が家の資産を管理している財布の整理をしました。 我が家的には・・・資産を管理している財布=「...

という取り組みをして「家計のスリム化、簡素化」を試みました。

簡素化と同時にキャッシュレス化も推し進めて、集約したポイントで大きな買い物などをすることで、現金支出を軽減してきました。

家計管理を簡素化したおかげで、お金の流れがシンプルになり、資産の管理も楽になりました。

※簡素化した現在の我が家の家計管理術は、後日まとめて記事にします。

年間の貯蓄額は・・・

そして・・・年間の貯蓄額ですが・・・2019年は

  • ボーナス、支給金、還付金の全額貯蓄
  • 株式の短期運用の確定利益(NISA口座)
  • プチ副業による収入
  • ポイ活によるポイント活用
  • 積立投資等の含み益(NISA+特定)

などのおかげでかなり増えています!・・・まあ、含み益は確定ではないので微妙ですが・・・。

身バレ済みブログですので、詳細な金額はちょっと控えますが、年間の先取貯蓄額の数倍以上は貯まりました。

収入が減っていますので、さすがに過去最高額とはなりませんでしたが、それに近い金額が貯まっています。

個人的にはめっちゃ嬉しいですが、我が家は今春の下の子の小学校進学や1~2年内に車の買い替えなどがありますので、2019年に蓄えた分は、あっという間にふっ飛んでいく感じかと思います・・・悲しい現実です・・・。

次のステージへ!

今春の下の子の小学校進学で子供の保育料(幼稚園・保育園)が無くなります。

小学校に掛かるお金は年間10万円ちょっとですので、今までの3分の1以下になります。これはかなり大きいです。

まあその分、習い事とか増えると思いますが、それでも幼稚園・保育園の保育料の事を考えると、かなり支出が減ります!・・・我が家は幼児教育無償化の恩恵がほとんど無かったので・・・。

更に、小学校と幼稚園で別々の登校・登園時間、別々の送迎・・・それもなくなります。

そう考えると、時間的にも金銭的にも少し事情が変わってくるかと思います。

まだどうなるか分かりませんが、少しずつライフステージやライフスタイルが変化してく感じですので、2020年は新たなステージへステップアップかな・・・と思っています。

ちゃんとステップアップできれば良いですが・・・どうなるんでしょうかね?

ふぁさぞう
ふぁさぞう

ちょっとワクワクします!

以上、2019年の家計の収支のまとめでした!