【家計簿公開】今年最初の収支にビックリ!!・・・2020年01月

月末の資金移動、先取貯蓄、積立投資の確認を済ませました。

そして家計簿を〆たのですが・・・昨年末に続いてビックリの収支になりました!

一体・・・我が家はどうしたんだ?って感じで・・・。

スポンサーリンク

2020年1月の家計簿公開!

まずは家計簿を見てください。コチラ・・・。

2020年1月の家計簿公開

ふぁさぞう
ふぁさぞう

いや・・・普通に月の予算40万円オーバーしていますけど・・・。

って事なんですが、1月は住宅ローンの半年賦(ボーナス分)約8.5万円の支払いがありました。

あとは、下の子の小学校の入学準備や生活用品の購入で2万円弱の支出もしています。

例月の支出に比べ合計10.5万円程度の支出過多になるはすが・・・40万円ちょっとという・・・。

一応、特別費予算で10万円準備していましたが、あまり使わなくて済みました。

家計簿の収支について

1月の費目別の支出を見てみると・・・

  • 食費がちょと多い
  • 生活用品の支出が多い
  • 住宅ローンのボーナス分支払いがあった

という感じです。

食費はお正月という事で家族や親戚と楽しく食事をしましたので、まあこれ位の金額にはなります。

住宅ローンのボーナス分は毎度の事なので良しとして・・・あとは生活用品です。

何を買ったのかというと下の子の小学校進学に向けた準備で教科書や用度品、ランドセルを置く棚を・・・上の子と下の子の2人分、棚2台を買ったのと・・・。

妻の希望でIKEAで一人用の簡易的な?ソファー的な?やつを購入・・・。

その他不足していた生活用品を買いました・・・。

ふぁさぞう
ふぁさぞう

結構買いましたね・・・(汗

個人的には結構支出多いかな?と思っていましたが、でも予想以上に支出が少なく、

ふぁさぞう
ふぁさぞう

何とか踏ん張ったかな?

という感じです。

ふぁさぞう
ふぁさぞう

・・・どう?・・・踏ん張ったんじゃい?

直近5年の1月の支出を比べてみると・・・

という訳で、ここ5年間の1月の支出を比べてみました。

概ね40万円台には収まっていると思うんですけど・・・。

直近5年の1月の家計簿

2016年1月 432,920円
2017年1月 441,814円
2018年1月 629,428円
2019年1月 453,092円

2020年1月 421,424円

何と!直近5年で今年が一番支出が少ない!!

2019年12月も自分でビックリするくらい支出が少なかったんです。

【家計簿公開】令和元年最後の月の収支にビックリ!!・・・2019年12月
2020年を迎え、やっと2019年12月の家計簿を〆ました。 12月は支出が多く、毎年年末にガッカリする感じなんですが・・・さて令和元年の年末はどうだった...

昨年10月の増税以来の消費(支出)に対する強い警戒と「なるべく支出しない」という意識がかなり身に付いているというか染み付いている感じでしょうか・・・

支出すると心が痛む・・・

ちょっと極端な話ですが、買い物をしてその金額を見る度に何となく罪悪感を感じるというか、

ふぁさぞう
ふぁさぞう

本当に買う必要があったんだろうか・・・

と後悔することが時々あります。

別に買いすぎとかではないんですが、でもここ最近は何かお金を使う事に慎重になっている感じです。

とか言いつつも、必要な物はちゃんと購入していますし、家族に我慢を強いることもしていませんので、これくらい警戒しても問題ないのかなと思っています。

支出しない事が美徳ではなく・・・

こう言うと、出来るだけお金を使わず極限まで節約するのが良い事のように思えてきますが、そうではありません。

一応我が家では月の予算を決めており、その範囲内の支出であれば今は大丈夫という計算で生活していますので、その範疇であれば自由にお金を使うべきなんです。

でも無理に使う必要はありません。

我が家の買い物のスタンスでもある

「必要な物を必要な時に必要な分だけ買う」

という当たり前の事をやっていれば、何も心配する事はありません。

ふぁさぞう
ふぁさぞう

・・・たまには贅沢もしたいですけどね・・・。

という訳で、2月は毎年ちょっと余裕がありますので、少し贅沢してみようかなと思っています・・・。

・・・とは言っても下の子の仮入学や学用品購入があるので油断できませんが・・・。