保育料が年間16万円も増えた・・・ビックリですわ!

上の娘は終業式が終わり、

なが~い冬休みに突入しました。

暫くは娘と一緒に過ごす時間が増えます。

今月もあと少しですが、

預かり保育の日数なども出たので、

保育料を計算してみました。

すると・・・驚きの事実が!!

保育料が昨年より大幅に増えました!

保育料が16万円もアップしていた

何と!昨年と比べて保育料が

年間で16万円もアップしていました!!

正確には159,100円です。

月間で約13,333円です。

日割りで平均20日通園として

1日で約666円のアップです・・・。

今年は保育料がアップすると言う事は

分かっていましたが、

結構なアップ額でした・・・。

でもこれで終わりではありません・・・。

201512child01

来年も更なる保育料のアップが

恐らく、来年も保育料がアップします。

予想では年間10万円程度アップかな・・・。

2014年と2015年の2年間合わせて

26万円程度の負担増の予定です・・・。

子育て世代は

・社会保険料のアップ

・保育料のアップ

と何かと負担増が続きます。

もともと支給自体が無意味だった

子育て世帯臨時特例給付金も

来年から廃止されます。

そのうち児童手当も減額され、

いつの間にか廃止されるんでしょうか。

負担増を補う為には収入増しかない

国は高齢者への優遇措置は

選挙票に直接繋がるので積極的ですが、

子供や子育て世代への優遇措置は

選挙票にならないので

基本的に放置が縮小傾向にあるのが現実です。

表向きはそれなりの事を言いますが、

実現する制度や政策はほとんどありません。

これからも子育て世代には厳しい時代が

続くものと考えられます。

であれば、年金といっしょで

「自分達で何とかしないといけない」

というのが現実だと思います。

「何とかする」って・・・

そりゃ、もう、収入アップを画策するしかありません。

その為に・・・どうする?

それは本業を頑張るか、副業で収入を増やすか・・・。

マイナンバーの関係で副業が難しくなるようであれば

投資など資産運用で増やしていくとか・・・。

手段や方法はいろいろあると思いますが、

「実践」している人は少ないかもしれません。

しかし、これからの時代は

自分を守ってくれるのは自分だけです。

何かに頼るのではなく、

「自分で何とかする」という知識や技術を

身に付けていく必要があるように思います。

やれやれ・・・本当、厳しい時代になりました・・・。