冬のボーナスの使い道は?支給額は増えた?【2018年冬】・・・結構みんな増えてる?

12月になりなんとなく巷はウキウキ、ワクワク、ドキドキって感じがあるような、ないような・・・。

12月と言えば・・・そうです!クリスマス!!じゃなくて、ボーナスシーズンです!

まあ、クリスマスも勿論ありますが、それよりも先に「ボーナスでしょ!」って話ですよ。

今冬のボーナス事情はどうなっているんでしょうかね・・・。

スポンサーリンク

冬のボーナスの支給額は?

2018年夏は、みずほ総合研究所の調べによりますと、

「民間企業の1人当たりのボーナス支給額は前年比2.0%増と予測しており、3年連続の増加が見込まれている。」

との事でした。

では2018年冬は・・・

・大手企業 平均95万6744円で前年比3.49%増。
・東証1部上場企業、平均75万3389円、前年比3.9%増。
・中小企業も含めた2018年冬ボーナス、全平均79万4029円。前年比1.44%増。

出典:All About

という事です。夏に続いてボーナス支給額は増加傾向にあるようです。

良い事ですね。

冬のボーナスアンケート調査

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営する株式会社エアトリが20代~70代の男女692名を対象に「冬のボーナス」に関する調査を実施して、その調査結果が公開されていました。

それによると

約4人に1人が夏よりボーナスが増えたと回答!

という事です。やっぱり増えていますね。

そしてこのアンケート調査ではそのボーナスの使い道についても調査されています。

トラコミュ

冬のボーナスの使い道ベスト5は?

ではアンケート結果を見てみましょう。

ボーナスの使い道
出典:株式会社エアトリ

  1. 旅行・・・(男:60.3%、女:58.9%)
  2. 貯蓄・・・(男:49.7%、女:58.2%)
  3. 買い物・・・(男29.1:%、女:35.4%)
  4. ローン・借金返済・・・(男:28.0%、女:24.7%)
  5. 趣味・・・(男:20.6%、女:15.8%)

と言う結果になっています。半数以上が旅行と貯蓄にボーナスを充てるという事のようですね。

当ブログで取り上げたアンケート結果は、夏と冬で調査会社や調査対象が異なりますが、やはり旅行と貯蓄というのは常に上位を占めています。

ちなみに夏のボーナスはコチラ・・・

ボーナスの使い道ベスト5!【2018年夏】・・・これが現実ですかね・・・
6月、7月はボーナスの時期です。 何かとボーナスネタも多くなりますが、我が家も勿論気になります。 気になりますので、調べてみました・・・。 2...

我が家のボーナスの使い道は・・・

他人の懐事情も気になりますが、肝心の我が家はどうするのか・・・。

我が家には貯蓄のルールがあります。それは

「ボーナスや手当金、給付金、支給金のような一時金、非継続的な収入については、全額使いません。全額貯蓄して終了!」

つまりボーナスは全額貯蓄して終了です・・・何とも面白くないボーナスです。

ボーナスルールを適用しよう!

しかし、ボーナスについてはボーナスルールなるものが存在し、

「ボーナス支給額(手取額)の10%はお小遣いにする」

というルールを昔は実践していました。

収入の減少が発覚して以来、このルールを封印していましたが、2017年冬のボーナスの時に、一時的にボーナスルールを適用させました。

そして今夏も様子を見てボーナスルールを適用しようと思っていたんですが・・・収支のコントールに気を取られてすっかり忘れていました・・・大失敗です・・・。

という訳で、今冬はボーナスルールを適用します!!但し、条件付きで・・・。

ボーナス支給額の5%に減額してお小遣い支給

通常のボーナスルールであれば支給額の10%をお小遣いにすることになりますが、暫定的に5%を支給します・・・。

少なっ!って思うかもしれませんが、ゼロよりは全然いいですよ。

やはりいろんな意味で夫婦の日々の仕事や生活のモチベーションを保つためにもボーナスお小遣いは必要です。

でも支給するのは妻だけです。私は・・・毎月のお小遣いで十分なのでいりません。

現実は厳しいのです・・・

じゃあ、私の分のボーナスお小遣いを妻にあげても・・・という事はしません。そりゃ収入が増えていれば別に5%とかケチな事は言いません。何なら15%とかにしてもいいですよ。

でも現実は収入は減っているし、支出は増えているし・・・Wパンチで厳しい家計ですよ。

来年以降の収支にもよりますが、今年は本当に厳しい1年でしたので、そのことをしっかりと噛みしめて、来年以降への余裕も少し残しておきたいと言う気持ちです。

窮屈にならない程度に・・・

とは言うもの、常に質素倹約でと言うのも息苦しいものです。

やはり息抜きは必要ですので、全てを我慢するのではなく、メリハリをつけることも大切だと思います。

そう言う意味でも額は少なくなりますが、妻へはボーナスお小遣いを支給します。ついでに子供たちにも少額のお小遣いを考えています。

適度に節約して適度に楽しむってなかなな難しいですね・・・。