家計のバランスシートで資産チェックと今後の対策を!

当ブログではエクセルで簡単にできる家計のバランスシートを公開しています。無料(無償)でダウンロードできます。

我が家も定期的にこの家計(個人)のバランスシートで家計のチェックをしています。

概ね毎年6月と12月にチェックするんですが・・・今年はコロナ禍で例年と事情も変わりいろいろとドタバタしています。

それでも家計をしっかり管理していくとは大切ですので、遅くなりましたが、家計のバランスシートでチェックしてみました。

スポンサーリンク

我が家の家計のバランスシート!

早速公開します。コチラ!

家計のバランスシート

身バレ済みブログですので、詳細な金額はマスクします。ご了承ください。

・・・公開とか言っておきながら、身バレ済みのブログですので、友人・知人に我が家の詳細な家計の収支を見られるのはちょっと・・・という事で、毎度のことで申し訳ございませんが、詳細な金額はマスクしてあります・・・。

結果から言いますと・・・

ふぁさぞう
ふぁさぞう

家計の収支はやや悪化

という事になります。

貯蓄率は後退

まず、貯蓄額についてですが・・・

ふぁさぞう
ふぁさぞう

減っています・・・。

3年前から収入が少しずつ減りはじめ、今年もまた減りました。

コロナ禍で特別定額給付金などで家計の下支えとなる臨時の収入もありましたが、結局は減った収入と増えた支出の補填として消えていく事に・・・まあ、その為の給付金なんですが・・・。

貯蓄は、毎月の定額の先取貯蓄とボーナスや児童手当などの支給金・給付金、それに余剰金や当面の利用目的がない運用益などはいつも通りそのまま貯蓄していますが・・・全体的な減少は明らかで・・・。

ふぁさぞう
ふぁさぞう

金額的には前年の6月と比べて数十万円単位で減っています・・・。

まあ、仕方ないですけど・・・。

資産全体としては増えているけど・・・

貯蓄額は減っていますが、資産全体は増加傾向にあります。

特に投資・運用部分がコロナの影響で春に大きく目減りしましたが、その時の積立額増額とその後の回復でコロナ前よりも含み益も増えてきている感じです。

それに毎月の先取貯蓄が加わる感じですので、最低ラインはクリアしている感じです。

ただ、ボーナスなどの一時金や余剰金は減っていますので、増加率としてはちょっと厳しい感じでしょうか?

収支も悪くはない

月単位で見るとかなり危ない月もありますが、半年ベースで見ると、全体的な支出は減っています。

まあ、これだけ「コロナ、コロナ」と言われれば外食もしませんし、お出かけもしませんので・・・レジャー費と外食を中心に支出は激減している感じです。

とは言っても・・・7月以降は少しずつ外出もしていますし、テイクアウトなども利用していますので、7月以降はこの部分の支出は増加傾向にあります。

家計のバランスシートで我が家が見る部分

この家計のバランスシートで我が家が重要視しているのは「純資産比率」です。

2016年末時点の資産管理簿の分析の中で

その中でも何となく意識するのが純資産比率です。住宅ローンがありますので、理想は20~30%、20%未満は要改善と位置付けています。有事対応や精神的余裕などを考慮すると、20~30%の純資産比率をキープできれば良いかなと思っています。欲を出せば30%以上キープといきたいところですが・・・

と考えており、それをキープしていく事が最低限の目標となっています。

ちなみに2020年6月時点の純資産比率は・・・

ふぁさぞう
ふぁさぞう

40%台後半

となっています。

数値的には「安心」の部類になりますが、もうちょっと頑張りたいところです。

コロナの影響がどこまで続くか分かりませんが、1~2年後を目処に50%を超えるような状態に持っていきたいと思っています。

それができれば・・・次の段階へステップアップという感じに・・・。

家計のバランスシートはダウンロードできます!

ちなみに上図の家計のバランスシートは当ブログからダウンロードできます。

ダウンロード版には「資産負債総括表」と「貸借対照表」がついています。

興味のある方は、下記からどうぞ。使い方の説明もあります。

【家計のバランスシート】エクセルでできる家計のバランスシートを公開!ダウンロードOK
自分の家の資産を把握する事はとても大切です! 世の中には様々なツールもあり、それらを利用するのも良いことだともいます。例えば・・・マネーフォワード(Mon...