【貯蓄額公開】少額でもコツコツと・・・2020年10月

10月末の資金移動で、自動的に先取貯蓄も完了しています。

我が家ではこの「先取貯蓄」こそが最強と思っており、6年間ずっと継続してきています。

その最大の目的は、子供大学の学費の準備です。

スポンサーリンク

2020年10月末の貯蓄額公開!

では早速、2020年10月末の貯蓄額を公開します。コチラ・・・。

2020年10月の貯蓄額公開

ふぁさぞう
ふぁさぞう

間もなく550万円です。

我が家の貯蓄方針は変わってません。

我が家に必要な貯蓄額は?…貯蓄の目標を考える
我が家の貯蓄を考えるシリーズで 前回までに住宅ローン、子供の学費、自分達の老後資金のち 「子供の学費」と「老後資金」を で考え...

何とかギリギリのところで踏んばって先取貯蓄を継続しています。

見ない将来の学費

一般的に、4年制の国公立大学に自宅から通わせた場合、4年間で諸々含めて子供一人500万円掛かると言われています。

それが今現在の話しですが・・・我が子が大学に進学する事には・・・国公立大の学費は25~40%程度上昇する可能性があるなんて話もあります。

もしそれが現実になった場合、必要な額は、

500万円 × 1.4倍 = 700万円

となるわけです・・・。

ふぁさぞう
ふぁさぞう

マジかよ・・・

って感じですが、そうなった場合に備えてく必要はあります。

まだまだ先は長い・・・

そう考えると・・・我が家の先取貯蓄は、まだ折り返し地点にも達していないという事に・・・。

実際は先取貯蓄と学資保険、その他の余剰金などもありますので、もう少し楽観的に考える事もできますが、子供の学費の事だけを考えておくわけにもいきません。

住宅ローンの返済もあるし、老後資金も必要だし・・・。

ふぁさぞう
ふぁさぞう

何か・・・「お金」「お金」って・・・ちょっと空しくなってきます。

それでもちゃんと道筋をたてて生きて行かなくてはいけません。

とにかく、今自分達の出来る事をコツコツと継続していく。

ただそれだけです。

できる範囲で楽しむ!

我が家は1円でも多く貯めよう!とかは思っていません。

将来に向けて必要だと思う事の最低限の事をやっていればそれでいいかなと。

あとは、自分達の判断で楽しめる範囲で楽しむって感じで生活しています。

贅沢はできませんが、家族みんなが笑顔であればいいかなと思っています。