【特別費計算シート】2021年の特別費をカンタン管理!特別費計算シート ダウンロードOK!

2021年2月ももう終わりそう・・・。月日の流れるのは何とも早い・・・と思う今日この頃です。

1月のドタバタで2021年の家計収支の目論見もまだまだの我が家ですが、とりあえず特別費(予定支出)をまとめました。

我が家が作った独自の特別費管理シートでカンタンに月別、年間、月平均の特別費が管理できます。

スポンサーリンク

2021年の特別費予算はいくら?

我が家の毎月の生活費の予算は40万で変わりありません。

変わるのは・・・いわゆる特別費となるんですが・・・2021年は前年に比べて支出は少なくなると思います。

という訳で、早速特別費の計算をしてみました・・・コチラ・・・

2021年の特別費をカンタン管理!特別費計算シート

ふぁさぞう
ふぁさぞう

年間で81.5万円。月平均6.8万円

となっています。

例年、年間90万円前後ですが、今年は少ない!

今年は卒入園、卒入学、冠婚葬祭、車検などの大型支出などがありませんので、例年よりも特別費の予算が少なくて済みます。

特別費は事前に分かっている予算

特別費は、事前に支出予定が分かっている予算という位置づけです。

ですので、我が家では特別費=予定支出予算として扱っています。

その中身は主に

  • 税金
  • 車関連(車検、任意保険など)
  • 年払い保険
  • GW、お盆、年末年始レジャー費
  • 住宅ローン半年賦分

となり、それら以外に

  • 子供の卒入園、卒入学
  • 子供の冠婚葬祭

など、子供に関する予算となります。

基本的に「事前に支出する予定である」ものとなります。

特別費は年81.5万円、月平均6.8万円

2021年の我が家の特別費は月平均6.8万円となります。

月の生活費予算40万円 + 特別費月平均6.8万円 = 月の生活費46.8万円

となるのかというと、そういう訳でもありません。

毎月の生活費(支出)は、年度要因、季節要因などで変わります。

支出額は少ないときは28万円/月、多い月は60万円/月を超えることもあります。

更に特別費の中には貯蓄性のもの・・・学資保険など・・・も含まれますので、全てが支出という訳でもありません。

月単位で見ると多い少ないはありますが、年間平均でみると概ね36~38万円/月程度に収まる感じです。

Excelの特別費管理シートダウンロード

上図のExcelで作った我が家の特別費管理表は下記からダウンロードできます。

興味のある方は使ってみてください。

特別費を管理するExcelシート作りました!ダウンロードOK
家計を管理していると、毎月の生活費予算以外に必要な経費って結構出てくるものです。 全くの想定外の支出もありますが、固定資産税や住宅ローンのボーナス払い、車...