【資産内訳】現金と投資の比率が微妙な感じで・・・2021年04月

4月の家計管理です。最後に資産の内訳を確認していきます。

ここ最近は資産全体としては順調に増えてきていますので、大きな不安はないような感じです。

ですが、潜在的な恐怖というか不安はある感じで・・・。

実際に資産の内訳を確認していきます。

スポンサーリンク

2021年4月末の我が家の資産内訳

早速、4月の資産内訳を公開します。コチラ・・・

【資産内訳】現金と投資の比率が微妙な感じで・・・2021年04月

身バレ済みブログですので、一部詳細などは隠しています。ご了承ください。

先月よりも投資・運用の割合が増えています。

【資産内訳】年度末の資産内訳に異変?・・・2021年03月
3月の家計管理の最後の確認作業です。 我が家の資産状況を確認していきます。 長期化するコロナ禍での生活で我が家の資産内訳にも少し変化が出てきている気...

2021年2月より預貯金と積立投資の比率を変更しています。

【貯蓄額公開】貯蓄内訳変更後の最初の貯蓄・・・2021年02月
既に3月も半ばという事で・・・早いものです。 2月下旬から仕事が忙しく、なかなかブログの更新もできない状況ですが、一応やるべきことはやっています。 ...

積立貯金2万円、積立投資5万円

から

積立貯金4万円、積立投資3万円

に変更しました。

それでも投資・運用の割合が増えているという・・・。

それだけ相場が堅調という事なんでしょう・・・。

我が家の理想とする資産内訳は・・・

我が家が理想としている資産内訳は

現金預貯金:投資=6:4になるように調整

です。

概ねその割合になっていますので、むしろ順調なのかもしれません。

ですが、気持ちとしては微妙な感じで・・・。

順調な時ほど対策を

順調だからこのままで・・・というのもありですが、我が家としては順調な時は余裕がありますので、こんな時こそ「いざという時」の対策を考えておきたいと思っています。

例えば・・・相場が大きく崩れたら・・・

  1. 一旦利確するのか?
  2. そのまま放置するのか?
  3. 積立額を増やすのか?減らすのか?

などなど・・・様々なケースが想定されます。

長期投資の基本は継続ですので、選択肢としては「2」となりますが・・・。

かなり含み益がある状況であれば、一旦全部利確して・・・または半分利確して、相場の下落が進んでから改めて積立を開始、再開するというのも手法の1つかと。

何が正解というよりは、我が家としてはどれが「安心できるのか」という感じになるのかなと思います。

そんなこんなをボチボチ考えていきたいと思います。