2017年最後の資金移動・・・現金が多いな・・・2017年12月末の資金移動

2017年もあと数日。

巷の仕事納めの日に合わせて、今年最後の資金移動をしました。

12月はいろんな意味でお金の出入りが激しく、最後の最後まで油断できない状態でしたが、ここに来てやっと落ち着いて最終的な資産の残高調整をすることができました。

スポンサーリンク

2017年11月末の資金移動

資金の移動先や金額は『口座振替管理表』で自動計算します。

2017年12月の資金移動

お金の移動はコレで一発!口座振替管理表公開・・・ダウンロードOK
家計管理の1つに口座管理と口座間のお金の移動があります。生活費用、引き落とし用、預貯金用などに口座を分けて管理されている方も多いと思います。 我が家の家計...

我が家のLRS家計においては、資金の優先順位や移動先、移動方法も決まっていますので、そのルールに則って移動するだけなんですが・・・年末だけはちょっと微調整が入ります。

ボーナスや年調、資産運用部分の配当金や譲渡益などの未清算分の計上をして目的の口座に資産を分配します。

この作業は証券口座やその他の運用口座など全ての流動資産部分の収支を確認して計上します。以前記事にもしましたが、

お金の流れを図にすると良く分かります・・・預貯金の管理
我が家では金融資産をスムーズに管理するために「貯蓄管理簿」を作っています。 この帳簿・・・とは言ってもExcelの表なんですが・・・を使って資産を適正な配...

マネーフォワードに登録している33口座に加え、その他の口座も全て含めて計上しますので、上の『口座振替管理表』だけではさすがに全てを確認しきれません。

ちょっと現金割合が大きい

毎年年末は同じ感じなのですが、全ての資産の確認と計上をしますので、どうしても現金比率が高くなります。

ボーナスなどは勿論ですが、それ以外のいわゆる運用部分の確定利益や配当金・分配金などの未計上分も確定申告に向けてキッチリ計上しますので、どうしても現金比率が多くなるのは仕方ないかな・・・と言う感じです。

とは言っても全てが現金になるわけではなく、再投資に充てた、もしくは充てる金額もそこそこありますので、あくまで年末時点での(確定申告に向けた)年次の収支確認の為の作業となります。

トラコミュ

2017年最後の収支決算

2017年は収入減になり支出が増えて2年目でした。個人的には「結構厳しいな・・・。」という印象です。

2018年以降どうなるか分かりませんが、大きく家計のバランスを崩さないようにコントロールできればいいなと思っています・・・とは言ってもまだ12月の家計簿も〆ていませんので、これから家計簿を〆て2017年の1年間の家計の収支を整理したいと思います。

整理できましたら改めて公開したいと思います。